変装 かくれんぼ シークレット。 「変装かくれんぼ」番宣出演の松本穂香に「フワちゃんを見習え」の檄!|ニフティニュース

峯岸みなみ X ハイドアンドシーク がトレンドに! Funnitter(ファニッター)

変装 かくれんぼ シークレット

___ショッピングモールの正面入り口にて。 果たして、勝つのはどっちだ!? 1F ファッション店エリア 初春「外より広いではないか!」 3F 本屋 可奈美「お客さんもたくさんいる……。 この中から、20人見つけなきゃいけないんだよね!」 1F 家電量販店 黒子「さて、誰が隠れているのでしょ……って、お姉さま!?お姉さまが隠れていますの!?これは誰よりも先にお姉さまを見つけますわ~~~~~!!」 2F 日用雑貨店 ココア「チノちゃんいるの!?どこかな~?」 2ndステージに潜んでいる20人のハイドのうち、シークレット以外の19人は以下の通り。 」 腕組みをしている翼の視線の先には、1枚の張り紙が。 『美術展覧会 ただいま準備中』 翼「怪しいな……。 後でもう一度来てみるか。 」 3F 本屋 苺香「大きな本屋さんですね……。 ここだと、どこから来てもおかしくなさそうですね。 」 本屋の捜索にあたる苺香。 だが……! ???(ハイド)「まだこっちに気づいていないようね。 今のうちに押してしまおうかしら。 」(小声) ハイドが急接近!果たして、苺香の運命は……! 苺香「あれ?あの店員さん、ゆりねさんにそっくりですね。 ……すみませーん!」 店員(?)「どうなさいましたか?」 呼び止めた店員(?)を鋭い目つきで観察する苺香。 店員(?)「あ、あの…。 どうかしましたか?」 [newpage]苺香「間違いありません!ゆりねさんみーつけた!」 ゆりね(ハイド)「はぁ……参りました。 」 そう、この店員の正体は花園ゆりね。 いつものゴスロリファッションと特徴的な髪形から、清楚な本屋の店員に変装をしたゆりねだったが、苺香の目はごまかせなかった。 苺香「ゆりねさん見つけました!」(通話) 1F 家電量販店 初春「おお!早速1人見つかったか!」 アスナ「いい調子!」 2F ゲームセンター 黒子「さ~て。 お姉さまはどこですの~?」 ゲームセンターを捜索する黒子。 実は、このゲームセンターには2人のハイドが潜んでいるのだが……。 黒子「ここにはいませんわね……。 お姉さま~。 何処へ~?」 お姉さまこと御坂美琴以外、眼中にない黒子。 あっさりとその場を後にした。 2F 専門店エリア マリア「ここは人が多いわね……。 どこから来てもおかしくないから注意しないと。 」 人ごみに紛れこんでいるかもしれないハイドに警戒するマリア。 一般客「何かの収録ですか?」 マリア「ええ、あの油断していると危ないので、すみません……。 」 一般客「そうですか~。 頑張ってくださいね~。 」 マリア「ありがとうございます。 それじゃあ……。 」 一般客を捌きつつも、ハイドを探すマリアだったが!! カチッ!プシューーーー!!(ボタンが押され、ガスが噴出した音) マリア「え?」 マリア・カデンツァヴナ・イヴ 脱落(残り12人) マリア「嘘!?いったい誰が……!?」 マリアのボタンを押したのは、マリアとすれ違った警備員の男。 この警備員の正体は……。 [newpage]藤丸立香(変装:警備員)! 警備員に扮した藤丸には、ある作戦が……。 ~ゲーム前のスタッフとの打ち合わせ~ スタッフ「何か作戦とかあるんですか?」 藤丸「シークのいる人通りの多いところに探して、人混みに紛れてボタンを押していこうかなと。 」 シークのいる人混みで気配を消して、シークのボタンを押しに行く作戦を立案。 見事、マリアのボタンを押すことに成功した。 ~現在~ 2F 専門店エリア マリアがいる地点よりやや離れた場所 藤丸(ハイド)「よし!上手くいったぞ!」(小声) 2F 専門店エリア マリアのいる地点 マリア「皆、本当にごめんなさい!後はお願い。 」(通話) 3F 本屋 翼「マリアがやられた!?」 1F ファッション店エリア 叢雲「嘘!?まだ10分しか経ってないじゃない!」 裕太「ヤバい!どこから来るんだ……?!」 2F フードコート めぐみん「さっき、マリアさんが専門店エリアに行くのを見ましたから……この近くにいるってことですか!」 こちらに来たかもしれないと、警戒するめぐみん。 しかし、当の藤丸は……。 2F フードコート前エスカレーター 藤丸(ハイド)「次は1階の様子を見てみようかな。 」(小声) エスカレーターで1Fに移動していた。 [newpage] 2F おもちゃコーナー 黒子「お姉さまはどこですの~?」 相も変わらず、お姉さまを探す黒子。 だが! 美琴(ハイド)「げっ!黒子?!でも、1人だしこれはチャンスね……。 」(小声) このおもちゃコーナーにお姉さまこと御坂美琴がいた!彼女が変装しているのは着ぐるみ。 着ぐるみ姿で黒子に近づく美琴。 さらに、その近くには別のハイドが潜んでいた! ???(ハイド)「来た来た来た~!」(小声) 2人のハイドに黒子は気付けるか?! 黒子「……ここにはいなさそうですわね。 次に行きますわ~。 」 ここにはいないと判断し、どこかへ行ってしまった。 美琴(ハイド)「行ったわね……。 なんか微妙な気分だけど……。 」(小声) ???(ハイド)「えー!?ボタン押したかった~!!」(小声) 1F 家具売り場 可奈美「このあたりにはいないかな……?」 家具売り場を捜索する可奈美の近くに……シークレットが! 可奈美「まさか、クローゼットの中とかは……」 カチッ!プシューーーー!!(ボタンが押され、ガスが噴出した音) 可奈美「……え?」 衛藤可奈美 脱落(残り11人) 可奈美「え、誰が押したの?!」 スタッフ「押したのは、シークレットです。 」 可奈美「え、嘘!?いつの間に!?」 可奈美「ごめん!シークレットにやられちゃった!」(通話) 2F 日用雑貨店 未来「シークレット!?」 3F アニメショップ 苺香「可奈美さんを倒すなんて……シークレットは誰なんでしょう。 」 [newpage] 開始から45分、早くも2人のシークが脱落。 と、ここで館内放送が。 ただいまから、3階多目的ホールで美術展覧会を開場します。 」 1F スーパーマーケット 初春「美術展覧会とな?!」 ココア「ハイドがいるかも!行ってみよう!」 3F 映画館 翼「あの張り紙に書いてあったやつか……。 よし、行こう!」 数分後、3F 多目的ホール 翼「着いたぞ、ん?受付があるのか……。 」 受付「いらっしゃいませ!ご観覧の方ですか?」 翼「ああ、中に入りたいのだが……。 」 裕太「着いたぞ!」 アスナ「すみませーん。 中に……」 受付「あの~すみません。 この展覧会、中に入れるのは一度にお一人様までなんです。 」 アスナ「え!?」 裕太「何その変ったルール!?」 翼「やはり、ハイドの仕掛けた罠とみて間違いなさそうだな……。 2人共、ここは私に任せてくれないか?」 裕太「え!?……わかりました!翼さんお願いします!」 アスナ「何かあったら、すぐに出てきてね!」 翼「わかった!それじゃあ行ってくる!」 翼は慎重に会場に入っていった。 会場内には風景画や静物画、名画の模写から彫像も展示されていた。 それら一つ一つを調べながら、翼が奥へ進んでいくと……。 翼「……これが狙いか!」 翼が目にしたものそれは…… [newpage] 6体のレオナルド・ダ・ヴィンチ(Fate)の彫像だった! 翼「この6つの彫像のうち、1つは本物ということか!」 翼の読み通り、これがダ・ヴィンチの考えた作戦だった! ~ゲーム前のスタッフとの打ち合わせ~ ダ・ヴィンチ「私にそっくりな彫像を並べて、その中に紛れ込む!これならそう簡単に見破れまい!」 さらに、彫像の前にポールパーテーションを置き、「展示品には手を触れないでください」の注意看板を設置。 これにより、シークは目視で本物を見破るしか方法がないように仕向けた! ~現在~ 翼「確率は6分の1、ミスが許されるのは2回まで……。 」 翼は目を凝らして、本物のダ・ヴィンチを探し出す。 翼「どれだ……。 これか!見つけたぞ!」 彫像の中から、右から3番目の彫像を選んだ翼。 果たして……。 [newpage]彫像「…………」 外れだった。 風鳴翼 お手付きあと1回 翼「違ったか……。 もう一度……。 」 再び、彫像に目を凝らす翼。 しばらく考え、翼は左から2番目の彫像にカメラを向けた! 翼「これだ!見つけたぞ!」 果たして……。 [newpage]ダ・ヴィンチ「やるねぇ、君。 私の負けだ。 」 見事、本物のダ・ヴィンチを見破った。 ダ・ヴィンチ「しかしねぇ、4時間も前にここに来て、ボディペイントにも結構時間がかかったのに、こうもあっさりと見破られるのは悔しいものだなぁ。 」 翼「そんなに早く来ていたのか……。 」 ダ・ヴィンチ「それにしても、この天才の変装を見破るとは君、ただものじゃないねえ。 」 翼「ダ・ヴィンチを見つけた。 」(通話) 1F 家具売り場 キリト「よし!いい調子だ!」 2F ゲームセンター 未来「あと18人……!」 めぐみん「私たちも頑張りましょう!」 [newpage] 3F カフェ 苺香「広いカフェですね……!もしかして、ここにもハイドが?」 カフェの捜索にあたる苺香。 その発言通り、ここにもハイドが潜んでいた! ???(ハイド)「おおっ!来たな。 」(小声) ???(ハイド)「ギリギリまで引き付けてから押すわよ。 いい?」(小声) ???(ハイド)「もちろんだぜ!」(小声) 苺香を待ち構えるハイド2人組。 しかし、苺香はハイドの近くには来ず、立ち去ってしまった。 ???(ハイド)「あ~あ、行っちまったぜ。 」(小声) ???(ハイド)「次のシークを待つわよ。 」(小声) ???(ハイド)「了解っと。 」(小声) 3F 映画館 アスナ「ここにはいないかな……?」 アスナは映画館のロビーを探索していた。 すると、1人のスタッフが気になった。 アスナ「あのスタッフ、どこかで見覚えが……。 ちょっと行ってみよう。 」 アスナはそのスタッフに近づき、顔をよく観察した。 そして、何かを確信したらしく、素早くそのスタッフのそばまで駆け寄ると……。 アスナ「みーつけた!」 ???(ハイド)「……参りました!」 アスナが見つけたハイド。 その正体は……。 [newpage]雪音クリス(変装:映画館のスタッフ) 帽子と制服、さらには化粧で若い女性スタッフに変装したクリスだったが、アスナにあっさりと見破られてしまった。 クリス「1人位ボタン押したかったのに~!ちくしょ~!」 アスナ「クリスさん見つけました。 」(通話) 2F 専門店エリア 初春「おお!戦況がこちらに傾いておるのう!」 1F ファッション店エリア 叢雲「悪くないわ!この調子でいくわよ!」 [newpage] 2F ゲームセンター 裕太「キリトさん。 いました?」 キリト「こっちにはいないな。 」 ゲームセンターを捜索する男2人。 そこに忍び寄るハイド2人。 ???(ハイド)「……もう少し近づいてきてくれませんかね。 」(小声) ???(ハイド)「まだ、気づいてなさそうだな。 よし、今のうちに……!」(小声) じわじわと忍び寄るハイドだが……! 裕太「内海、みーつけた!」 内海(ハイド)「え!?」 ゲームセンターの従業員に変装していた内海、裕太にあっさり見破られてしまった。 内海(ハイド)「マジか~。 こんなにあっさりと見破られるって……。 」 一方、アーケードゲームが置いてあるエリアにやってきたキリト。 どうやら、データカードダスゲームで遊んでいる客を怪しんでいるようだ。 キリト「あの子……。 ゲームに集中していないように見えるけど……気のせいか?」 気になったキリトはその子に近づく。 ???(ハイド)「こっちに来てますね。 」(小声) キリトがその子にある程度近づいたその時!ゲームをしていたその子が突然振り向き、キリトのボタンを押そうとした!キリトは間一髪それを躱し、ボタンを押そうとした子にカメラを向けた。 キリト「みーつけた!」 ???(ハイド)「参りました。 」 このゲームをしていた子の正体は……。 [newpage]香風智乃(変装:ゲームセンターにいたゲーマー)! 髪の毛をキャップで隠し、眼鏡にゲームキャラのTシャツを着て、ゲーマーに変装したチノ。 ボタンにあと一歩届かなかった。 チノ(ハイド)「あと5cm、あと5cm腕が長ければ押せたのに……。 無念です。 」 キリト「チノちゃんと内海を見つけた。 あとは15人。 」(通話) 1F 家電量販店 苺香「すごいです!一気にハイドが見つかっていってます!」 [newpage] 2F 日用雑貨店 一方、お姉さまを探し回る黒子。 しかし!その近くにシークレットが迫っていた! 黒子「お姉さまいませんわね……。 」 またしても気づかれることなくシークを倒したシークレット。 果たして何者なのか?! 1F 家具売り場 未来「黒子さん倒されたって……。 」 2F おもちゃコーナー キリト「しかも、倒したのはシークレット?!」 裕太「シークレット……何者なんだ!?」 2F 専門店エリア 翼「…………」 なにやら考え込んでいる翼。 するとこんなことを口にした。 翼「もしや……シークレットの正体は……!」 シークレットの正体についてある考えにたどり着いた翼。 実はこの後に語られた翼の考えはすべて正解だったのだ。 しかしその事を翼が知る由も無く……。 スタッフ「そのことを他の皆さんに伝えておかなくていいんですか?」 翼「まだ、予想の範疇を脱せないからな。 まだ皆には伝えないでおく。 」 [newpage] 2F フードコート ココア「ここにいるかな~?」 フードコートを捜索するココア。 その様子をじっと見ている不穏な影が。 ???(ハイド)「さあ、こっちだ。 こっち来てくれ!」(小声) 店舗を一通り見終えたココアは、お客さんが食事をしている方へ向かった。 ココア「お客さんに成りすましてるのかな?」 お客さんにハイドが紛れているとにらんだココア。 実は……。 ???(ハイド)「え、嘘!?気づかれた!?」(小声) 近くにお客さんに変装したハイドがいた! ココア「?あのゴミ箱あんなとこにあったっけ?」 一方、ココアはゴミ箱に違和感を持ったようだ。 ココアは様子を探るため、ゴミ箱に近づいた。 次の瞬間、なんと、ゴミ箱から手が伸びて、ココアのボタンを押そうとしたではないか!? ココア「きゃああああああ!!」 これにはココアも尻餅をついたが、すかさずカメラを向け、 ココア「みーつけた!」 と叫んだ。 すると、中から……。 [newpage]カズマ(ハイド)「やっぱダメか~。 」 カズマが出てきた。 そう、カズマが変装したのはゴミ箱。 シークが来るまで、じっと耐えていたのだが……。 一般客「お、ゴミ箱だ……ってえ!?」 カズマ(ハイド)「あ、すみません。 隠れているんで。 」 本物のゴミ箱と間違えられた。 」 初春と立ち話をしているココアにハイドが近づく! ???(ハイド)「早く1人にならないかな?」(小声) 初春「む?あやつ、ちと怪しいな。 」 ココア「初春さんどうしたの?」 初春「あやつ、空の紙コップを持ったままウロウロしておる。 もしや……。 」 初春はそのお客さんのところへ近づき、そして……。 初春「見つけたぞ!」 お客さん(?)「参りました!」 このお客さんの正体は……。 [newpage]キリエ!(変装:フードコートのお客さん) トレードマークの飛行帽を脱ぎ、お洒落なパーカーとジーンズを着こなしたキリエ。 果敢にボタンを押しに行くも、あえなく撃沈。 キリエ(ハイド)「え~、もう終わり~?!」 初春「キリエを見つけたぞ。 」(通話) 2F 日用雑貨店 裕太「よし、順調、順調!」 1F スーパーマーケット めぐみん「残り13人ですか。 この調子で見つけていきましょう!」 3F カフェ キリト「大きいカフェだな……。 」 一方、キリトは2人のハイドが潜むカフェに足を踏み入れた。 ???(ハイド)「ふっふっふ。 来たぜ、来たぜ~!」(小声) ???(ハイド)「さあ、こっちに来なさい。 」(小声) 虎視眈々とボタンを狙うハイド。 果たして、キリトの運命は!? キリト「すごい賑わっているな……。 ここならハイドが隠れていてもおかしくないだろうな。 」 テーブル席の合間を進むキリト、その時! カチッ!プシューーーー!!(ボタンが押され、ガスが噴出した音) キリト「うわっ!ビックリした!」 キリト 脱落(残り9人) キリト「うわ~~油断した~~。 マジか……。 」 キリトのスキを突き、ボタンを押したのは、テーブルに座るOL風の買い物客。 そして彼女と向かい合って座っているギャル風の買い物客も実はハイド。 この2人の正体は……。 [newpage]博麗霊夢&霧雨魔理沙!(変装:カフェにいる買い物客2人) ~ゲーム前の衣装合わせ~ 霊夢「とにかく自分らしさを消す必要があるわね……。 なら、仕事がデキそうなOLに変装してみようかしら。 」 魔理沙「私はそうだな……。 金髪を生かして、ギャルに化けてみるのもアリだな!」 トレードマークのリボンと魔女の帽子を脱ぎ、OLとギャルに成りすました霊夢と魔理沙。 見事、キリトのボタンを押すことに成功した。 霊夢「これで賞金は私のものよ!」 魔理沙「私たち、だぜ?」 ~現在~ キリト「ごめん!やられた!」(通話) 2F 専門店エリア アスナ「キリト君がやられた!?」 1F 家電量販店 未来「そんな……リーダーのような人だったのに……。 」 [newpage] ゲーム開始から1時間半が経過。 一進一退の攻防が繰り広げられる中、またもや館内放送が。 ただいまからフランシュシュのミニライブを開催します。 興味のある方は1階、イベント広場までお集まりください。 」 1F ファッション店エリア めぐみん「フランシュシュのライブですか?!」 2F 専門店エリア 初春「フランシュシュってなんじゃ?」 ココア「確か……佐賀のご当地アイドルだったはず!」 2F ゲームセンター 苺香「もしかすると、ハイドがいるかもしれません。 行ってみましょう!」 ハイドを探すため、フランシュシュのライブへ赴くシーク達。 そしてこの後、ゲームは後半戦へ突入、怒涛の展開が待ち受ける!果たして、勝利を手にするのはどのチームなのか!? 後半戦へ続く!!.

次の

『変装かくれんぼ ハイド&シーク』|TBSテレビ

変装 かくれんぼ シークレット

いくら番宣が目的とはいえ、もうちょっとやる気を見せてほしかった…。 3月20日放送のバラエティ特番「変装かくれんぼハイド&シーク」(TBS系)に出演した女優・松本穂香の振る舞いを残念がる声が続出したようだ。 同番組は営業中の遊園地などを舞台に、プレイヤーチームが制限時間内に変装芸能人チームを全員発見できたら賞金300万円というルール。 プレイヤーの一員となった松本は「ドラマのみんなに差し入れしたいです。 ケータリングとか!」と、のっけから出演ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」の宣伝に余念のない姿を見せていた。 だがその意気込みとは裏腹に、松本には見せどころらしい見せどころがほとんどなかったというのである。 テレビ誌ライターが言う。 「松本は変装芸能人を探す立場ながら、せいぜい遠目に人の顔を確認する程度。 その調子で何もやっていないうちに、他のプレイヤーの活躍で第一ステージを突破していました。 それに対して松本が『近い存在』と語っていた欅坂46の副キャプテン・守屋茜は、積極的に変装芸能人をシーク。 残念ながらシークレット芸能人に背中のボタンを押されてしまったものの、やる気を見せていたのです」 それに対して松本は第二ステージで、広場を歩きながら「めちゃめちゃ怖い!人混みから抜け出したい」「怖いよ〜」と終始ビビりモード。 それでいて、無防備になったタイミングで後ろから走り寄ってきた変装芸能人の原田龍二にボタンを押されてあっさりと脱落していた。 もっとも、序盤で脱落するプレイヤーが多いのは「変装芸能人」ではおなじみの光景。 問題は、その後に行われた敗者復活戦だった。 ここではダチョウ倶楽部・上島竜兵に扮した100人の中から本物の上島を探し出すミッションに挑戦。 その様子について前出のテレビ誌ライターが続ける。 「松本は『どこ〜?全然見つかんない。 なんだこれ』と言いながら、ただウロウロするだけ。 車座になっているニセ竜兵のなかに倒れ込んでまで顔を確認しようとする欅坂46・守屋の必死さとは比較にならないお気楽モードでした。 本物の上島を見つけて復活に成功すると、『見つけんのが早すぎんだよ!』という上島の怒りで状況を理解し『ウソでしょ!』と泣き顔に。 しかしYouTuber芸人としての矜持からかすべてを受け入れ、上島と和解のチューを交わしていたのです。 この場面に視聴者からは《これじゃあ松本を復活させる可能性はゼロだったな》とあきらめの声も聞こえてくる始末でした」 番組のラストでは途中脱落にもかかわらず、当夜放送のドラマ「病室で念仏を唱えないでください」をしっかりと宣伝していた松本。 本人はこれで役割を果たしたと思っているのかもしれないが、フワちゃんの爪の垢を煎じて飲むべきと感じる視聴者も多かったようだ。 (白根麻子) 外部サイト.

次の

#4 2次元キャラDE変装かくれんぼハイド&シーク 2ndステージ前半戦

変装 かくれんぼ シークレット

変装芸能人たちはあの手この手でエリアに潜んでいる。 今回で言えば、特殊メイクでお爺さんになった山下真司や、ツアー客の中年女性に紛れた関根勤、スケートリンクの係員になった安藤美姫らは言わば「正統派」の変装。 一方、雪だるまの人形に入って待ち伏せする小沢仁志や、 眼鏡を外してカツラをかぶっただけのトレンディエンジェルたかし(全然バレない)なんかもいる。 隠れ方もクオリティもさまざまだ。 彼らを探すプレイヤーは、宮川大輔や武井壮、みちょぱといった面々。 隠れている芸能人はあらかじめプレイヤー達に伝えられていて、「見つけたら「見ーつけた!」と言う。 かくれんぼだから。 だが今回初めて、名前を伏せた変装芸能人 「THE シークレット」が1名設けられた。 これが大変なことになったのだ。 「THE シークレット」が誰で、どんな変装をしているか、プレイヤーはもちろん、番組は視聴者にも教えてくれない。 画面上では完全に黒い影となって隠されているし、音声も加工されている。 男性か女性かもわからない。 その「THE シークレット」に、プレイヤーが次々倒されていくのだ。 どうやら待ち伏せタイプではなく、園内を動き回っているようなのだけど、プレイヤーたちは「THE シークレット」が近づいても全然気がつく様子がない。 ボタンを押されてもキョトンとしてる。 他の変装芸能人が続々と見つかるなか、「THE シークレット」はなかなか見つからない。 透明になってるの?というくらいバレてない。 なんなんだ…? 制限時間残り10分を切り、最後の1人となった「THE シークレット」を探すプレイヤーたち。 その姿を嘲笑うかのように、攻めに転じる「THE シークレット」の影。 カメラは「THE シークレット」の視点に切り替わる。 目の前から歩いてくるのはプレイヤーのフワちゃん。 「THE シークレット」は「行ってみますか」と軽いノリでフワちゃんの正面に堂々と立つ。 「あれ?」という顔をするフワちゃん。 フワちゃん「おつかれさまです。 … あれ?最初からいましたっけ?」 「いましたよ〜!」とシークレット。 「え? ちょっと!? なに?」とパニックのフワちゃん。 そして全てを理解したフワちゃんが叫ぶ。 「見ーつけた!」 カメラはフワちゃん視点に切り替わった。 目の前に立っているのは、 赤いボタンを背負い、プレイヤーと同じ衣装を着た峯岸みなみ。 彼女が「THE シークレット」。 峯岸みなみは「見つかりました〜?」などと他のプレイヤーに近づき、隙を見て背中に回って赤ボタンを押す。 味方だと思っていたプレイヤー(的場浩司など)は、何が起こったのかわからない。 この峯岸みなみのキャスティングがめちゃめちゃ「ちょうどいい」のだ。 こうした企画に、いかにもプレイヤー側として起用されそうな人。 過去回に出てたかもしれない…けど出てないかもしれない(記憶に自信がなくなった) さらに、峯岸みなみを前にして「いましたっけ?」とは言いづらいのもポイント。 同じプレイヤーとして参加しているのに「いましたっけ?」って言うのはめちゃめちゃ失礼である。 あの場にいたら(記憶にないけど参加してたんだなぁ…)と思いながら話を合わせちゃうだろう。 そりゃぁ無敵である。 で、その(失礼かもしれない)を打ち破ったのがフワちゃんだった、というのも痛快だ。 相手に臆せず接することができ、もし間違っていても「そうだっけー!? 」で貫けるキャラクター。 仕掛けにしっかり気がつく聡明さもある。 「王様ははだかだ!」と言えるのってこういう人なんだろうと思う。

次の