トーン ポリシング。 つるの剛士「普通の声で」投稿が波紋…トーンポリシングとは(女性自身)

つるの剛士「普通の声で」投稿が波紋…トーンポリシングとは

トーン ポリシング

トーンポリシングを繰り返すつるのが出席していた「親学」イベント 本人ももち出しているとおり、「保育園落ちた日本死ね」が昨年の流行語大賞にランクインした際、つるのは〈こんな汚い言葉に国会議員が満面の笑みで登壇、授与って。 なんだか日本人としても親としても僕はとても悲しい気持ちになりました〉とツイート。 そして、今回も「こういう問題提起の仕方は本当に悩んでいる働くママ達や子供が結局一番可哀想な思いをしてしまうんじゃないかなあ」などと、母親や子どものことを考えているフリをしているが、緒方議員の問題提起そのものについては無視している。 では、いったいどういう訴え方だったら、彼女の問題提起に耳を傾けるというのだろうか。 それは、当然子どもにとって居心地のよい社会にもつながる。 これは決して本サイトがうがった見方をしているわけではない。 というのも、つるのは、「保育園落ちた日本死ね」や今回の熊本市議赤ちゃん連れ問題については、言葉遣いや問題提起の仕方を理由に批判しているが、一方で、同じ「汚い言葉」でも、国家の政策に反対する人たちやマイノリティをなじるものについては否定するどころか、それを積極的に支持してきた。 そして何より、つるのはあの「親学」の広告塔的役割を果しているからだ。 たとえば、つるのは、2014年4月に西尾青年会議所主催の「親学のススメ」なるイベントに親学ディスカッションのパネリストとして参加。 昨年5月にも松本青年会議所主催の親学をテーマとした「子育てフォーラム」というイベントでもパネリストをつとめている。 親学とは本サイトでも繰り返し指摘している通り、日本会議の中心メンバーである高橋史朗が提唱する教育理論で、「児童の2次障害は幼児期の愛着の形成に起因する」などと主張するもの。 前川喜平前文科事務次官は、本サイトの室井佑月氏との対談で、この親学について、安倍政権の教育政策の背景にある考え方であると指摘したうえで、こう批判している。 「親学というのは、子どもに問題があるのは「親がしっかりしてないからいけない」という考え方です。 しかし、いくら「しっかりしたい」「がんばりたい」と思っていても、余裕のない親はたくさんいる。 そういう問題を解決しないで「親がいけないんだ」と親の責任にして押し付ける。 結局、それでは貧困や母子家庭であえぐ子どもたちを救うことにならない。 」 「親学は、「家族が大事なんだ」という考え方でもある。 個人であることよりも家族の一員、一族の一員であることが大事だという。 この家族主義的考え方は、じつは、戦前の国体思想でもある。 戦前の教育勅語で示されている考え方です。 そして、そのベースには家父長制の家制度があった。 そこでは親孝行こそ最大の美徳になる。 家族なんだからという理屈ですべてを吸収してしまう。 」 つるのが、こうした女性の社会進出を是としない親学の考え方に共鳴していることを考えれば、「保育園落ちた日本死ね」や今回の熊本市議赤ちゃん同伴に難癖をつけているのも、「汚い言葉」「問題提起の仕方がよくない」などというのが建前にすぎないとよくわかる。

次の

(3ページ目)ビートたけし「LGBTにも保毛尾田保毛男を笑う寛容さがほしい」コラムの問題。ダルビッシュ有の寛容な態度と“トーンポリシング”

トーン ポリシング

なぜ差別や偏見の中で苦しめられるマイノリティに対して「寛容さ」を求めるのだろう。 ただでさえ声を上げにくいマイノリティが、問題を指摘し始めた途端、「寛容ではない」と言えるのか。 「寛容さ」が足りないのはどちらだろう。 もしかしたらお笑いの中で、普通にやって、認めている、のだから自分は寛容だと思っているのかもしれない。 であれば、認識がそもそも間違っている。 先日、ドジャースのダルビッシュ有選手からホームランを打ったアストロズのユリエスキ・グリエル選手が、ベンチで目尻をおさえ細めにし、スペイン語でアジア人の蔑称とされる「 chinito」と発言したことが問題視された( MLBのコミッショナーは、グリエル選手に対し、来季開幕から 5試合出場停止処分を下すことを発表した)。 ダルビッシュ選手はその後の取材で、「完璧な人は誰もいない。 彼もそうだし、僕もそう。 (質問した記者に対しても)あなたもそうだ。 世界の人がひとつ学んで、一歩前に進めたら結果的にいいことになるんじゃないか」と発言し、賞賛を浴びていた。 これはまさしく、アメリカにおいてマイノリティであるダルビッシュ選手の「寛容さ」が示された例だろう。 だがこうした対応を、マイノリティに毎度、求めるのはやはりおかしい。 というのも、様々な差別問題を告発する際に、よく「怒っているだけではなにも伝わらないし、変わらない」と上からアドバイスがなされることが多々あるのだ。 こうした、感情的に怒るのではなく、建設的な議論が行えるような冷静さなどを求めることを「トーンポリシング」という(「 」という記事が非常にわかりやすく解説をしている)。 私たちに必要なのは、差別されているマイノリティたちに対して、「私たちにも理解できるように感情的にならず、わかりやすく、冷静に問題を指摘しなさい」という態度でもなければ、「あなたたちを認めてあげましょう」という態度でもない。 ましてや「笑いものにすることで普通に扱っているんだから、もっと寛容でいろ」などということは言語道断だ。 長年上げ続けてきたマイノリティたちの声にようやく耳を傾けるようになり、可視化されてきた現在、いままで以上に耳を澄ませ、これまでに行ってきた不当な扱いを反省し、当たり前のことを社会の中で実現すること、思考停止せずに考え続けることこそが、私たちに求められているのだ。 放送直後にフジテレビ社長が謝罪、今月 15日には番組ホームページに謝罪文が掲載された「保毛尾田保毛男」騒動( も読める)。 たけしのコラムに見られるように、謝罪がなされたことで本件が一件落着するというわけではない。 今後、地道な議論を続けなければ、類似の問題が発生し、瞬間風速的に盛り上がり、謝罪され、沈静化されることが繰り返されるだろう。 ( wezzy編集部).

次の

トーン・ポリシング

トーン ポリシング

なぜ差別や偏見の中で苦しめられるマイノリティに対して「寛容さ」を求めるのだろう。 ただでさえ声を上げにくいマイノリティが、問題を指摘し始めた途端、「寛容ではない」と言えるのか。 「寛容さ」が足りないのはどちらだろう。 もしかしたらお笑いの中で、普通にやって、認めている、のだから自分は寛容だと思っているのかもしれない。 であれば、認識がそもそも間違っている。 先日、ドジャースのダルビッシュ有選手からホームランを打ったアストロズのユリエスキ・グリエル選手が、ベンチで目尻をおさえ細めにし、スペイン語でアジア人の蔑称とされる「 chinito」と発言したことが問題視された( MLBのコミッショナーは、グリエル選手に対し、来季開幕から 5試合出場停止処分を下すことを発表した)。 ダルビッシュ選手はその後の取材で、「完璧な人は誰もいない。 彼もそうだし、僕もそう。 (質問した記者に対しても)あなたもそうだ。 世界の人がひとつ学んで、一歩前に進めたら結果的にいいことになるんじゃないか」と発言し、賞賛を浴びていた。 これはまさしく、アメリカにおいてマイノリティであるダルビッシュ選手の「寛容さ」が示された例だろう。 だがこうした対応を、マイノリティに毎度、求めるのはやはりおかしい。 というのも、様々な差別問題を告発する際に、よく「怒っているだけではなにも伝わらないし、変わらない」と上からアドバイスがなされることが多々あるのだ。 こうした、感情的に怒るのではなく、建設的な議論が行えるような冷静さなどを求めることを「トーンポリシング」という(「 」という記事が非常にわかりやすく解説をしている)。 私たちに必要なのは、差別されているマイノリティたちに対して、「私たちにも理解できるように感情的にならず、わかりやすく、冷静に問題を指摘しなさい」という態度でもなければ、「あなたたちを認めてあげましょう」という態度でもない。 ましてや「笑いものにすることで普通に扱っているんだから、もっと寛容でいろ」などということは言語道断だ。 長年上げ続けてきたマイノリティたちの声にようやく耳を傾けるようになり、可視化されてきた現在、いままで以上に耳を澄ませ、これまでに行ってきた不当な扱いを反省し、当たり前のことを社会の中で実現すること、思考停止せずに考え続けることこそが、私たちに求められているのだ。 放送直後にフジテレビ社長が謝罪、今月 15日には番組ホームページに謝罪文が掲載された「保毛尾田保毛男」騒動( も読める)。 たけしのコラムに見られるように、謝罪がなされたことで本件が一件落着するというわけではない。 今後、地道な議論を続けなければ、類似の問題が発生し、瞬間風速的に盛り上がり、謝罪され、沈静化されることが繰り返されるだろう。 ( wezzy編集部).

次の