ビートレーディング デメリット。 ビートレーディング〜業界最大規模の実績を持つファクタリング会社

TradingView(トレーディングビュー)の機能・メリット・デメリットを解説

ビートレーディング デメリット

この記事で分かること• ビートレーディングのファクタリングのサービス内容 はじめに、ビートレーディングのファクタリングサービスの概要について紹介します。 ビートレーディングのファクタリングサービス 限度額 30万円〜3億円 ファクタリング手数料 2. ビートレーディングは最短12時間で売掛債権の売却〜資金調達が可能 ビートレーディングのファクタリングは、申し込み〜売掛債権の売却まで非常にスピーディーで、 最短12時間で資金を調達できます。 問い合わせ数計6. 2万件、累計買取債権額409億円、累計利用社数1. ビートレーディングは顧客が多いため、はじめてファクタリングを利用する事業者の方も、安心して取引できるでしょう。 ビートレーディングのファクタリング手数料は2. 他社ファクタリングサービスと比較しても、ファクタリング業界最低水準の手数料なので、手数料を抑えてファクタリング〜売掛債権の現金化が可能です。 ビートレーディングのファクタリングは少ない書類で申し込みOK ビートレーディングのファクタリングへ申し込む時には、 「本査定申込書」「通帳のコピー」「売掛金を証明できる書類(契約者や請求書など)」の3つの書類があれば、申し込みOKです。 少ない書類で手軽に申し込めるのは、ビートレーディングの大きな特徴と言えるでしょう。 売掛債権に問題がなければ、ビートレーディングへスムーズに売掛債権を売却できると考えられます。 ビートレーディングのファクタリングは高額な資金調達も期待できる ビートレーディングの公式サイトには、 売掛金の買取は「30万円〜3億円まで対応」との記載を確認できます。 未回収の高額な売掛債権があるという事業者の方でも、ビートレーディングでファクタリングできる可能性があります。 ビートレーディングが提供するファクタリングやサービスの種類 ビートレーディングでは、以下のようなファクタリングやサービスを提供しています。 2社間ファクタリング• 3社間ファクタリング• 診療報酬ファクタリング• 介護報酬ファクタリング• Beトレペイメント 2社間ファクタリング 2社間ファクタリングとは、「事業者とビートレーディング」の2社間でファクタリングを行うサービスのことです。 2社間ファクタリングを利用すると、売掛先にファクタリングがバレることなく資金調達が可能です。 なお、2社間ファクタリングは、3社間ファクタリングに比べて、手数料がやや高くなる傾向がある点に注意が必要です。 3社間ファクタリング ビートレーディングの3社間ファクタリングとは、「事業者・ビートレーディング・売掛先」の3社間で行われるファクタリングのことを指します。 3社間ファクタリングは売掛先にファクタリングの利用を伝える(=ファクタリングの了承を得る)必要がありますが、売掛債権未回収のリスクを下げられるため、2社間ファクタリングよりも手数料が低くなる傾向があります。 診療報酬ファクタリング ビートレーディングが提供している診療報酬ファクタリングは、医療事業者が利用できる、診療報酬債権を売却して資金調達する方法です。 診療報酬は、診療を行ってから入金されるまで2〜3ヶ月ほどの日数が必要となりますが、ビートレーディングの診療報酬ファクタリングを利用すれば、短期間のうちに診療報酬債権を現金化できるでしょう。 介護報酬ファクタリング 介護報酬ファクタリングとは介護サービス事業者が利用できる資金調達方法で、介護報酬債権を売却〜現金化するサービスのことです。 介護報酬が入金されるまでは60日ほどかかりますが、ビートレーディングの介護報酬ファクタリングを利用すれば、素早く介護報酬債権から資金調達できます。 Beトレペイメント ビートレーディングの提供しているサービスの中に「Beトレペイメント」という買掛金先払いサービスがあります。 Beトレペイメントは下請け業者から「支払サイト(=支払期日)を短縮して欲しい」などの要望が出ている事業者が便利に利用できるサービスで、ビートレーディングが事業者に代わって下請け業者に送金〜支払いサイトを早められます。 下請け先に早く送金したいけれど、社内のワークフローが煩雑なため手続きに時間がかかる…というような事業者は、ビートレーディングのBeトレペイメントの利用を検討してみましょう。 ビートレーディングへ申し込める人・申し込み条件 続いて、どのような方がビートレーディングへ申し込めるのかを解説します。 この項目では、診療報酬ファクタリングや介護報酬ファクタリングではなく、一般企業が利用できる2社間・3社間ファクタリングへの申し込み条件について紹介します。 未回収の売掛債権がある事業者がビートレーディングへ申し込める ファクタリングは、未回収の売掛債権を売却して資金を調達するサービスです。 このため、ビートレーディングのファクタリングを利用するには、 「未回収の売掛債権がある」事業者に限られます。 売掛債権の買取は30万円〜3億円まで対応 ビートレーディングのファクタリングは「売掛金の買取は30万円〜3億円に対応」しているため、高額な売掛債権でもビートレーディングに売却できる可能性があります。 個人事業主なら3社間ファクタリングへ申し込める ビートレーディングの3社間ファクタリングは、法人の事業者だけではなく、 個人事業主の方でも申し込み可能です。 入金待ちの売掛債権がある個人事業主の方で、資金繰りに困っている方は、ビートレーディングのファクタリングの利用を検討してみましょう。 ビートレーディングのファクタリングは最短即日で資金調達可能! ビートレーディングのファクタリングは、売掛債権の買取が非常にスピーディーです。 2社間ファクタリングは最短12時間で売掛債権を現金化できる! ビートレーディングの2社間ファクタリングでは、申し込み〜入金まで最短12時間で手続きが完了します。 他社のファクタリング会社では、申し込み〜入金まで1週間以上かかるケースも多いのですが、ビートレーディングの2社間ファクタリングは、スピーディーに資金調達できるという、大きな特徴があります。 3社間ファクタリングは売掛先の手続きにより資金調達に日数がかかる ビートレーディングの3社間ファクタリングの場合、取引先の会社も手続きが必要となるため、即日の資金調達は現実的ではありません。 取引先の業務が忙しかったり、取引先がファクタリングの手続きに不慣れな場合であれば、ファクタリング手続きに長い日数がかかるケースも考えられるため、急いで資金調達したい事業者の方はビートレーディングの2社間ファクタリングを利用するようにしてください。 ビートレーディングのファクタリングへの申し込み手順 続いて、ビートレーディングのファクタリングへの申し込み方法について紹介します。 この項目では、申し込み〜入金までが最も早い2社間ファクタリングの手続き方法について解説します。 2社間ファクタリングの申し込み手順• ビートレーディングへの問い合わせ• 必要書類を用意して申し込む• 最短30分以内に審査結果の回答• ビートレーディングと契約〜入金• 売掛金が入金された後、ビートレーディングへ送金 ビートレーディングへの問い合わせ ビートレーディングのファクタリングへ申し込む前に、問い合わせ〜ビートレーディングのヒアリングが必要です。 ビートレーディングへの問い合わせ方法は、「電話」「メール」「(ビートレーディングへ)訪問」「(ビートレーディングから)出張」の4つの方法があります。 なお、問い合わせ後に、「資金調達の希望額や希望入金日時」などのヒアリングや、「申し込み時に必要な書類の案内」などが行われます。 必要書類を用意して申し込む ヒアリングが完了した後、ビートレーディングへ必要書類を提出して申し込みます。 必要な書類は以下の通りです。 本査定申込書• 売掛先からの入金が確認できる通帳のコピー(表紙付3ヶ月分)• 入金予定の売掛金が確認できる成因証書(契約書・発注書・請求書など) 出典:ビートレーディング公式サイト これらの書類は、WEB・メール・FAX・訪問・出張により提出します。 最短30分以内に審査結果の回答 ビートレーディングへ必要書類を提出した後、最短30分以内で審査結果の回答、買取価格の提示があります。 審査時にファクタリングの手数料が決定されるのですが、売掛金が高い、売掛債権の未回収のリスクが低い(=大手企業の売掛金など)、という条件ほど手数料が低くなる傾向があります。 ビートレーディングと契約〜入金 提示された手数料・買取金額に問題がなければ、ビートレーディンとファクタリング契約を結びます。 ビートレーディングとの契約時には、登記簿謄本や印鑑証明書、身分証明書などが必要となるため、事前に用意しておきましょう。 ビートレーディングとの初回契約時には、原則、訪問または出張での手続きとなる点に注意してください。 参考にビートレーディングの店舗一覧をまとめました。 ビートレーディングの店舗一覧 店舗 住所 東京本社 東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル3F 仙台支店 宮城県仙台市青葉区本町1-12-7 三共仙台ビル3階 大阪支店 大阪府大阪市北区堂山町1番5号 三共梅田ビル903号室 福岡支店 福岡県福岡市博多区博多駅東1-1-33 はかた近代ビル8階F号室 15時までにビートレーディングと契約が完了すれば、即日で買取金額が指定の銀行口座に入金されます。 売掛金が入金された後、ビートレーディングへ送金 2社間ファクタリングを利用後、取引先から売掛金が入金されたら速やかにビートレーディングへ送金してください。 2社間ファクタリングの場合は、売掛金をビートレーディングへ送金すれば全ての手続きが完了します。 なお3社間ファクタリングの場合は、売掛先からビートレーディングへ売掛金の送金が行われるため、この工程は不要です。 ビートレーディングのファクタリング利用時のメリット・デメリット ビートレーディングのファクタリングのメリットとデメリットについて紹介します。 ビートレーディングのファクタリングのメリット• 最短12時間で資金調達が可能• 提出書類が少ないので申し込みが簡単• 2社間ファクタリングは売掛先にバレずに売掛債権を売却できる• 多くの事業者が利用しているので安心してファクタリングできる 最短12時間で資金調達が可能 ビートレーディングのファクタリングは、申し込み〜入金まで非常にスピーディーで、最短12時間で手続きが完了します。 事業の運転資金が枯渇しそうだけれど、手元に入金待ちの売掛債権がある…という方は、スピーディーに資金調達できるビートレーディングのファクタリングの利用を検討してみましょう。 なお、ビートレーディングの3社間ファクタリングは2社間ファクタリングよりも手続きが煩雑になるため、即日の資金調達が期待できないので注意してください。 提出書類が少ないので申し込みが簡単 ビートレーディングへの申し込み時に必要な書類は、原則「本査定申込書」「通帳のコピー」「売掛金を証明できる書類(請求書など)」の3点でOKです。 2社間ファクタリングは売掛先にバレずに売掛債権を売却できる 売掛先にファクタリングの利用がバレると、「資金繰りに困っている会社」として見られてしまうため、今後、取引に影響が出てしまう可能性もあります。 また、すぐに取引がなくならなくても徐々に取引量を減らされる、などの可能性も考えられます。 ビートレーディングの2社間ファクタリングは、 取引先にバレずに売掛債権を売却できるというメリットがあります。 審査結果により最低の2. また、2013年から2019年までの累計利用社数は1. 6万社にも上ります。 多くの事業者から利用されているという「安心感」を得ながら、ビートレーディングでファクタリングを利用できるというメリットもあります。 ビートレーディングのファクタリング利用時の注意点 続いて、ビートレーディング利用時の注意点について解説します。 初回契約時は、訪問または出張の手続きが必要 初回契約時はビートレーディングへ訪問する、または、ビートレーディングから出張してもらい対面でファクタリング契約が必須となる、という点に注意しておきましょう。 ただし、2回目以降の利用は、申し込み〜必要書類の提出〜売掛債権の売却〜入金という流れになり、対面での契約が不要となるため、スムーズに資金調達できるでしょう。 はじめてのファクタリングでもビートレーディングなら安心! ファクタリングの利用は初めてだったので、ビートレーディングに電話で問い合わせたところ、ファクタリングの手続きについて親切・丁寧に説明してもらえました。 対応が良かったため、そのまま電話でファクタリングのヒアリング〜依頼をしました。 インターネットから必要書類を提出した後は、スムーズに売掛債権の買取を行なってもらえました。 資金繰りに困ったときには、またビートレーディングのファクタリングを利用しようと思います。 (ECサイト運営、年商3,000万円) 上の口コミの方は、ビートレーディングで初めてのファクタリングに成功されたようです。 ビートレーディングは初めての方でもスムーズに売掛債権の売却を期待できるでしょう。 ビートレーディングは取引先にバレずにファクタリングできる ビートレーディングのファクタリングに関するよくある質問 最後に、ビートレーディングのファクタリングに関するよくある質問について、まとめてみました。 赤字決算だけどビートレーディングのファクタリングを利用できる? 赤字決算を出している事業者でも、ビートレーディングのファクタリングを利用できるのでしょうか。 赤字決算でもビートレーディングのファクタリングを使える ビートレーディングのファクタリングは、売掛債権の買取となるため、 利用者の事業が赤字決算でも問題なくファクタリングを利用できます。 ファクタリングを利用できない業種はある? ビートレーディングのファクタリングを利用できない業種などはあるのでしょうか。 法人であれば業種に関係なくファクタリングを利用できる ビートレーディングは、未回収の売掛債権があれば、業種に関係なくファクタリングを利用できます。 債権譲渡登記は必要? 債権譲渡登記とは、法律に基づいて実施される「債権を第三者に譲渡することを記録する」登記制度です。 債権譲渡登記を行えば、債権の所有者を法的に証明できるようになるのですが、ビートレーディングのファクタリング利用時には、債権譲渡登記は必要なのでしょうか。 ビートレーディングは債権譲渡登記が不要 ビートレーディングのファクタリングは、 原則、債権譲渡登記は不要です。 ただし、審査結果によっては、債権譲渡登記が必要になる可能性もあります。 ビートレーディング利用後に売掛先が倒産したら? ビートレーディングのファクタリングを利用した後、売掛金の入金前に売掛先が倒産した場合、どうなるのでしょうか。 倒産しても利用者に支払い義務はない ビートレーディングでは、倒産リスクを含めて売掛債権の買取を行なっています。 このため、売掛先が倒産してしまい売掛金が回収できなくなったとしても、 利用者に返済義務は発生しません。 創業1年未満でもビートレーディングを利用できる? 創業間もない事業者の方でも、ビートレーディングのファクタリングを利用できるのでしょうか。 創業1年未満でもビートレーディングを利用できる 創業1年未満の事業者や創業間もない事業者でも、売掛金があればビートレーディングのファクタリングを利用できる可能性があります。 ビートレーディングのファクタリングは最短12時間で資金調達可能! 本記事では、ビートレーディングのファクタリングの概要や、申し込み条件、最短の資金調達の日数、申し込み方法、メリットやデメリット、口コミや評判などについて、詳しく解説を進めてきました。 ビートレーディングは月間400件の契約実績で安心してファクタリングを利用できる• ビートレーディングのファクタリング手数料は2. 30万円〜3億円の売掛債権を買い取ってもらえる• ビートレーディングは2社間・3社間・診療報酬・介護報酬のファクタリング、Beトレペイメントというサービスを展開している• 未回収の売掛債権がある事業者がビートレーディングへ申し込める• 個人事業主ならビートレーディングの3社間ファクタリングを利用できる• ビートレーディングの初回利用時は「電話」「メール」「訪問」「出張」で問い合わせる必要がある• ビートレーディングの初回利用時は「訪問」「出張」で対面での契約が必要• ビートレーディングの2社間ファクタリングは売掛先に売掛債権の売却がバレない• ビートレーディングの累計利用社数は1. 6万社• 赤字決算でもビートレーディングを利用できる• 法人であれば業種に関係なくビートレーディングのファクタリングを利用できる• 創業1年未満でも売掛債権があればビートレーディングでファクタリング可能 ビートレーディングは、申し込みから入金までのスピードが非常に早く、最短12時間以内に資金調達できる可能性があります。 また、月間400件、累計1. 6万社の多くの取引実績があるため、ファクタリングがはじめてという事業者の方でも安心して取引できるでしょう。 不良債権ではない売掛債権であれば、ビートレーディングに売却できる可能性が高いのも大きなポイントでしょう。 なお、ビートレーディングへは、「電話」「メール」「訪問」「出張」などの方法で相談できます。 未回収の売掛債権の現金化を急ぐ事業者の方は、一度ビートレーディングのファクタリングの利用を検討してみましょう。

次の

ビートレーディング(ファクタリング)の評判や口コミは?

ビートレーディング デメリット

ファクタリングの正しい意味• ファクタリング会社の選び方• ファクタリングのデメリットとメリット ファクタリングの意味 ファクタリングは、「ファクタリング会社が売掛金を買い取る」という意味です。 ファクタリング会社は売掛金を安く買い取り、全額を回収します。 買い取り額と回収額の 差額が、ファクタリング会社の利益となるわけです。 そこで自己資金を投入せず、信頼できる資金調達先を持っているかどうかが、経営者としての手腕の分かれ目です。 ビートレーディングを含む健全なファクタリング会社は、 回収不能の可能性がある債権は買い取りません。 経営者として、回収できる可能性が100%に近い売掛金を持っていることに自身を持ち、ファクタリングは自在に資金調達をする、1つの方法と考えましょう。 ファクタリング会社の選び方 「ファクタリング会社は、手数料を受け取って売掛金を買い取るのが仕事」と、正しく覚えておきましょう。 売掛金を担保にお金を貸すのは、ファクタリン業者を装った悪徳業者です。 ご注意下さい。 健全なファクタリング会社の選び方はこちらです。 売掛相手に知られることのない「2社間」• 売掛相手にファクタリングすることを伝える「3社間」 の両方のファクタリングに対応しています。 中でも2社間では、売掛相手にファクタリングを行っている事実が知られることのないよう、細心の注意が必要となる取引です。 ビートレーディングではこの2社間ファクタリングについて、 細かい所にも気を利かせながら進めてくれるため、安心して任せることができそうです。 特徴2:良心的な手数料設定 ファクタリングでは、基本的に手数料が高めになっていることが大半です。 ビートレーディングでもそれは同じことですが、相場を考えた場合に格安とは言わないまでも、良心的な手数料設定となっています。 またファクタリング会社の中には、手数料の詳細を明かさずに、高額な手数料を抜き取ってしまう悪徳業者もいるものです。 しかしビートレーディングでは、その手数料の内訳についても 丁寧に説明をしてくれるため、納得してから契約に踏み込むことができます。 こういった点をみても、悪い要素はとくになく、信用度は比較的高いといえるでしょう。 特徴3:幅広い業種に対応 ビートレーディングでは、売掛相手が 法人であれば、業種を問わずに取引が可能です。 また一般的な売掛債権だけではなく、 「介護報酬」や「診療報酬」のファクタリングにも対応しているため、医療関係の方でも十分に利用できるでしょう。 たとえば診療報酬の受け取りの場合、通常はその受け取りまでは、診察した日から2~3ヶ月程度の期間を要するものです。 しかし、これをビートレーディングの診療報酬ファクタリングを利用すれば、 最短で翌日に報酬の受け取りが可能となります。 このように幅広いファクタリング取引を実現できるのも、それだけのノウハウがあるからといえるでしょう。 特徴4:スピード力も優秀 先に少しお話していますが、ビートレーディングでは現金化するまでのスピードが、とにかく優秀です。 中でも2社間ファクタリングの場合では、必要書類さえ用意していれば、 最短即日で資金調達が実現できるでしょう。 こういったスピード感のあるファクタリングは、そう多くはないので、いざという時にはぜひ活用したいファクタリング会社といえそうです。 ビートレーディングでは、赤字経営や創業したての企業であっても利用することができます。 そのため、資金繰りにシビアな企業にとって、このスピード感はかなりありがたいものとなるでしょう。 これほどまでに、ビートレーディングのファクタリングでは 間口が広いのです。 赤字や債務超過、税金滞納に至るまで、その状況を加味しながら進めてくれるので、いざという時も安心できるのではないでしょうか? 特徴6:契約方法が豊富 ビートレーディングのファクタリングを利用するとなれば、以下の3つの方法から契約方法を選ぶことができます。 ビートレーディングの会社概要• 過去実績• ファクタリング内容• ファクタリングの流れ• ファクタリングに必要な書類 株式会社ビートレーディングの会社概要 ビートレーディングの会社概要は下記の通りです。 一度ホームページをチェックし、企業の雰囲気や社長の言葉なども見てみるのがおすすめです。 (2019年3月時点の情報です) 内容 備考 資本金 7,000万円 資本準備金が5,000万円あり 設立年月 2012年4月 ファクタリング会社の中では老舗です 本社、事業所住所や電話番号 ホームページに掲載あり 悪徳業者は掲載していないことがあります 事業内容 ・ファクタリング ・経営コンサルティング ・各種コンサルティング 経営コンサルタントの視点も持っています 沿革 ・2012年4月資本金200万円で設立 ・2014年郵送契約開始 ・2015年資本金1,000万円に増資 ・2017年資本金7,000万円に増資 その他 ・会長・社長を始め、社員も顔出しでホームページに掲載されていますので、信頼度は高いです。 ・採用情報では、女性中心に求人をしています ビートレーディングのファクタリング過去実績 ビートレーディングは、過去15,000社以上(2017年6月時点)に選ばれた実績があり、 リピート率は93%です。 他のファクタリング会社を調べると、過去実績を紹介している会社は少数です。 経験値の高さは、相談内容に答える幅の広さに直結しています。 ビートレーディングのファクタリング内容 ビートレーディングでできる、ファクタリングの内容をご紹介します。 買い取り可能な売掛金の種類 売掛金(売掛先が問題のない法人のみ) 診療報酬 介護報酬 買い取りできない売掛金 ・売掛先が個人(飲食、美容、小売店などのカード払い分の売掛金など) ・支払期限が過ぎている売掛金 ・入金日がはっきりしない売掛金 ・手形割引(手形割引はファクタリングではない) 買い取りスピード 資料が整っていれば 即日~ *金額が大きい場合は1日~ 手数料と取引方法 ・最安2% ・平均 15~17% *売掛金の性質や売掛先の信用度などによって違います *他社では「売掛金の〇%」という掛け額がある他に手数料が必要な場合もありますが、ビートレーディングは手数料のみです 取引方法 2社間ファクタリング (取引先に知らせずに済むけど手数料が高い) 3社間ファクタリング (取引先に知らせるけど手数料が安い) 買い取り可能な売掛金の額 数十万円~数億円 取引対象 法人・個人事業主・新規開業 ・創業1年未満OK ・赤字決算の法人・個人事業主OK ・債務超過の法人・個人事業主OK ・銀行融資が断られてもOK ・税金滞納ありOK ・他金融機関との併用OK 契約種類 ノンリコース契約 *契約後に売掛先が倒産、支払遅延、民事再生などで売掛金の回収ができなくても、売掛金額を支払うよう請求されない。 (ただし、請求ミスなどは例外) ビートレーディングには、電話・メール問い合わせの他に、ホームページ上でのチャット問い合わせもあります。 疑問をすぐに解決できますので、ぜひ活用してみて下さい。 ビートレーディングでファクタリングをする流れ ビートレーディングに限らず、売掛先に問題がなくて書類がそろっていれば、ファクタリングは簡単にできます。 他社ではオンラインのみ・郵送のみでファクタリングできる場合もありますが、ファクタリング会社の企業情報を調べてから手続きを進めるのがおすすめです。 ビートレーディングでのファクタリングの流れは下記の通りです。 ビートレーディングのトップページ下にある『必要資料』をクリック• 『必要資料ご案内』ページにとぶ• 下にスクロールし、『本査定申込書』の『必須』欄に入力をする• 『ファイルアップロード』で必要資料を提出すれば、審査スピードが速くなる(*書類提出は、持込、Eメール、FAX、郵送でも可能です)• 『入力内容を確認する』をクリックし、入力内容を確認• 『送信』をクリック• 土日祝日を除いて、最短30分で連絡が来ます• ビートレーディングの会社に訪問するか、出張で来てもらい契約をする ビートレーディングのファクタリングに必要な書類 上記の審査に必要な書類を提出し、その後指示を受けて契約のための書類を提出します。 ビートレーディグのファクタリング~口コミ&評判 ビートレーディングのファクタリングを実際に利用した方の、口コミ&評判をまとめました。 対応についての口コミ&評判 「ビートレーディングに行って契約する時間が取れない」と相談したら、全国出張可能ということだった。 一度利用して満足し、その後も何度も出張して来てもらっている。 事業開始直後でも、ファクタリングをしてくれた。 銀行から融資を受けられるほど実績がなくて困っていたので、助かった。 他のファクタリング会社数社に相談をしたが、ビートレーディングが一番親身になって話を聞いてくれた。 遠方からの申込だったが、翌日には出張して来てくれた。 申し込み前の質問にも、親身になって答えてくれた。 銀行に行っても事業ジャンルがITなので良い顔をされず、融資が受けられませんでした。 ビートレーディングで資金調達ができてホッとしました。 飛び込みで営業終了間際に訪問したのですが、親切に対応してもらえました。 ホームページで「簡単に手続きできる」と書かれていましたが、信じていませんでした。 本当に手続きが簡単で、驚きました 信頼性についての口コミ&評判 取引先にも融資を受けている銀行にも知られずにファクタリングができました。 会社の細かい内容も精査されると思っていたが、そうでもなかった。 逆に悪徳業者じゃないかが不安になりました。 担当者に好感が持てるので、ファクタリングだけではなく会社の資金繰り全体を相談しています。 自転車操業状態で相談に行ったら、「ファクタリングはすすめない」とアドバイスを受けました。 ファクタリング契約はできなかったのですが、財務状況についてアドバイスももらい、相談に行ってよかったと思っています。 ファクタリングの存在を元々知らなかったのですが、ビートレーディングとお付き合いが始まってからは、銀行に行くより先に相談することもあります ビートレーディングとお付き合いを始めてからは、経理の人材を雇うのをやめました。 経営コンサルティングも委託して、信頼しています 銀行の融資対策などもアドバイスをしてくれます。 手数料についての口コミ&評判 申し込み前に手数料がわからないのが不安…。 手数料が思っていたよりも高かったので、他社にも相談に行ってみればよかったと思っています。 他社にも相談に行き、手数料が一番安いビートレーディングに決めました。 ちなみに、他社の半額でした。 スピードについての口コミ&評判 申し込みから3日で入金され、月末支払いに間に合ってホッとしました。 ボーナス支給日までに資金繰りができず困っていました。 希望日前に入金してもらい、無事にボーナスを払い終えることができました。 半日で入金してもらえました。 給料のための資金が足りないことに前日に気づいたミスを補ってもらい、本当に助かりました。 悪い口コミ&評判の数が少ないのが特長でした。 「ファクタリングをして終わり」ではなく、長く信頼関係が築ける会社という印象でした。 ビートレーディングとファクタリング人気会社3社を比較! 健全なファクタリング会社の中から、ビートレーディングと人気の2社を比較してみます。 ファクタリング会社によって内容に違いがあることを知っていただけると幸いです。 ビートレーディング 日本中小企業金融サポート機構 三共サービス 設立 2014年 2017年 2001年 特長 高いリピート率と実績 郵送で全ての手続きが終了する郵送ファクタリング 他社からの乗り換えで、手数料が安くなる 買い取りスピード 即日~ 即日~ 翌日~ 手数料と取引方法 2%~平均15~17% 2社間取引 3社間取引 公開されていない *ホームページから手数料の無料査定ができます2社間取引3社間取引 1. 5%~8% 70~80%の掛け額あり 2社間取引のみ 買い取り可能な売掛金の額 数十万円~数億円 公開されていない 50万円~3000万円 取引対象 法人・個人事業主 法人・個人事業主 法人のみ 契約種類 ノンリコース契約 公開されていない ノンリコース契約 ビートレーディングのように、ホームページ上でほとんどの情報が得られるファクタリング会社は少数です。 手数料が納得いかないなどの問題が起きたら、悪徳業者に気をつけながら、数社に相談するのがおすすめです。 ビートレーディングの新サービスにも注目!「Beトレペイメント」とは? ビートレーディングが優秀なサービスは、ファクタリングだけではありません。 新サービスである「Beトレペイメント」も、注目してほしいサービスとなります。 ではこの「Beトレペイメント」とは、一体どういったサービスなのでしょうか? 次から詳しく紹介していきます。 Beトレペイメントってなに? Beトレペイメントとは、企業間の取引において入金を早めるサービスで、いわゆる「 買掛金先払いサービス」となります。 これの対象者は、 元請けとなる企業。 このサービスにより、設定している支払いサイトが長いために、下請け企業との取引がスムーズにいかないなどの課題をクリアにすることが目的です。 より具体的な流れの変化としては、たとえば以下のように変化します。 もし、支払いサイト関連で取引上の悩みを抱えているのなら、このサービスが役に立つかもしれません。 具体的にどういうシーンで役立つ? これだけでは、わかりづらい点もあるでしょうから、具体的にどういったシーンで「Beトレペイメント」が役立つのかを、ここでは紹介していきます。 「Beトレペイメント」が役立つのは、たとえば以下のようなシーンがあるでしょう。 プロジェクト案件ごとに支払いサイトを変えたい場合• 下請け企業への支払いを一本にまとめる場合• 支払いサイトがネックで下請け企業が見つかりにくい場合 まずは、ひとつ目の「プロジェクトごとに支払いサイトを変えたい」といった場面についてです。 Beトレペイメントでは、 好きな時に必要なだけ支払いサイトを短くすることができます。 そのため、プロジェクト単位で、それぞれの支払いサイトを設定することができるのです。 また2つ目の「支払いを一本にまとめる」という点ですが、各社の支払い作業を 「ビートレーディング」がすべて引き受けるため、利用企業は事務作業すらも削減することができます。 3つ目については、そのままの意味ですので、割愛させてください。 このように、単に支払いサイトを 短くすること以外の恩恵が、「Beトレペイメント」にはあるということですね! もし自社が下請けであるなら、必要に応じてこういったサービスを 元請け企業に提案してみるのもいいかもしれません。 ファクタリング以外の資金調達方法をご紹介 資金不足に悩むときは、手っ取り早く高金利のカードローンなどが思いつきがちです。 後の返済に苦しまないためにも、他の資金調達方法を知っておきましょう。 助成金や補助金 国、自治体、団体などでは、 返還不要の助成金や補助金制度が用意されているものです。 受給には条件があり、すぐには入金されませんが、計画的に活用すれば資金繰りの大きな味方になります。 これは今の資金状態を良くするというよりは、 今後の資金のために備えるといった立ち位置となるでしょう。 助成金や補助金の種類などを確認したい方は、以下の記事を参考にしてみてください。 利用できるものが見つかるかもしれません。 銀行融資 融資を受けるためには条件がありますが、ノンバンクなどの融資と比べて、金利が格安であるメリットがあります。 一方で、審査は厳しい傾向にありますので、それなりの 資料の用意は必須となります。 ただし今後の取引の信用度を高める上でも、こうした銀行とのやり取りに重要性も出てきますので、今の段階から融資をしてもらえるだけの信用づくりをしておくと良いかもしれません。 ちなみに銀行融資の金利の決まり方については、以下の記事が参考になります。 クラウドファンディング 資金を手にするまでに時間と手間がかかりますが、「事業を開始したとき」「成長させるとき」の ファンづくりもできる資金調達方法です。 そのため、 認知度を高めたい製品が自社にある場合では、積極的に活用していくべきでしょう。 ただし、アイディアレベルの製品では、その アイディアを真似されるリスクにもさらされますので、その点への配慮はしておく必要があります。 クラウドファンディングについては、以下の記事でおすすめサイトを紹介しているので、気になる方は参考にしてみてくださいね! 投資家からの投資、事業提携など 人脈をフルにいかして、事業内容に賛同してくれる投資家や企業と出会って資金調達する方法です。 もしくは、ベンチャーキャピタルからの出資を受けてみてもいいでしょう。 こうした資金調達方法では、事業計画書やその実現性について、 それなりの将来性と根拠がなくてはなりません。 その点を明確にできるのであれば、積極的に投資家とつながりを持つのも、手札のひとつとなります。 とくにベンチャーキャピタルについては、以下の記事でも詳しく紹介していますので、「よくわからないな・・・」という方は、一読しておくと良いかもしれません。 ファクタリング以外に他の資金調達方法も知りたいなら どの方法もデメリット・メリットがありますが、計画的に行動すれば活用できる可能性が高まります。 またより詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみましょう。 資金繰りを自在にコントロールするために必要なこと 会計士、税理士、優秀な経理担当者などに、税務や会計を全て任せていないでしょうか? 「技術やアイディアに自信があっても数字は苦手」という経営者の方のために、資金繰りに必要な数字の情報を簡単にご紹介します。 経営者の必須科目・財務諸表の見方、考え方を簡単に紹介 決算報告書の中で把握しておくべきなのは、『 貸借対照表』と『 損益計算書』です。 右上に『別表』と書いてある書類は、普段は全く使いません。 時間に余裕のあるときに眺めるくらいで大丈夫です。 半年先までのキャッシュフローを常に把握 キャッシュフローは、 お金の実際の動きがわかる書類です。 トップの項目は「 利益」で、「 利益にプラスで入ってきたお金」と「 利益からマイナスされたお金」が把握できます。 企業規模によって、税金の支払い時期は様々ですので、税理士や会計士に、 常に半年先までのキャッシュフローを作成してもらい、助言を受けましょう。 確認すべきはそれだけではない 税金だけではなく、忘れがちな 「源泉所得税納期の特例」や「社会保険料」の支払い時期の把握も必須です。 半年先までの資金繰りが頭にあれば、資金不足の予測がついた時点で様々な対策を検討できます。 税理士や会計士に顧問料を支払っている場合は、書類作成だけを委託しているわけではありません。 お金に関する相談や質問を、どんどんぶつけていきましょう。 ビートレーディングの口コミや評判は悪くない ビートレーディングのファクタリングについて詳しくご紹介してきました。 口コミ&評判では悪いものがほとんどなく、安心して問い合わせができます。 今回ご紹介した情報を参考に、常に計画性を持って資金繰りに取り組んでいただければ、他社から一歩前に出た、安定した企業への道を進むことができます!.

次の

ビートレーディングのファクタリングの評判/口コミ|50人から聞いたメリット/デメリットをご紹介!

ビートレーディング デメリット

ページナビ• ビートレーディングの会社・サービス概要 まずはじめにビートレーディングの会社概要について見ていきましょう。 利用する前にちゃんと所在のある企業なのか、営業時間は何時までが把握することは大切です。 会社名 株式会社ビートレーディング 代表者名 佐々木 英世 所在地• 【東京本社】東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル 3F• 【大阪支店】大阪府大阪市北区堂山町1番5号 三共梅田ビル903号室• 設立されてから5年以上経過しているので、業界内でも中堅のファクタリング業者と言えるでしょう。 やはり設立から時間が経っていない業者を利用するのは心配だと思いますが、ビートレーディングは一定期間経過しているので安心感があります。 対応している金額も幅広く、個人事業主でも利用しやすい窓口の広さを感じますね。 ビートレーディングでするファクタリングサービスの特徴4選 では、次にビートレーディングが提供するファクタリングサービスの特徴を見ていきましょう。 今回特にピックアップして紹介したい特徴が以下の4点です!• 最大98%で売掛金を買取• 柔軟な対応!診療報酬や介護報酬債権OK• 売掛先に知られずに取引できる• 最短即日でスピード入金 最大98%で売掛金を買取 柔軟な対応!診療報酬や介護報酬債権OK ビートレーディングのファクタリングサービスは 介護報酬債権や 診療報酬債権も買い取り対応可能です。 診療報酬債権や介護報酬債権が資金化されるまでには一定の時間がかかります。 中には入金まで3ヶ月以上かかってしまうケースもあるため急ぎの資金繰りに困っている医療施設や介護施設のサポートもビートレーディングは行っているのです。 赤字決算・創業したばかりの1年未満の企業でも利用できるため資金調達に困った際は力を借りるといいでしょう。 売掛先に知られない2社間ファクタリングに対応 中小企業が資金調達する上で売掛先に知られたくない!といった声が多く寄せられています。 そんな中でビートレーディングでは3社間取引だけでなく2社間取引も可能です。 記入必須項目がたったの4つだからすぐにわかるメリットは使って見る価値十分でしょう。 ファクタリング会社ビートレーディングまとめ ビートレーディングは本社が東京にあり、支店は九州の博多にあるため関東の方はもちろん、沖縄に住んでいる方まで利用しやすい業者となっているわけです。 さらに2回目以降の申し込みについては契約書が簡素化されます。 審査についても売掛先が前と一緒であれば簡素化されるので、入金スピードなどが早くなる可能性もあるのです。 どうしてもファクタリングは資金繰り改善ということで1回限りの利用ということはあまりありません。 そのため2、3回利用してはじめてキャッシュフローが改善されるケースが圧倒的に多いですから2回目の利用がスムーズなのは願ったりですね。 利用者も多く大手ファクタリング会社ということでお申込み、問い合わせしてみる価値は大いにありそうです。 まずは簡単な審査から申込んでみてはいかがでしょうか?.

次の